怖い話「1426」

今日はシャトレーゼでケーキやアイスを買った後、閉店間際のドラッグストアに買い物に行きました。買いに行ったものは何ということはない日用品です。

 

 

「お会計は1426円です」

 

 

思ってたよりちょっと高いぞ。無駄にお菓子買いすぎたなこれは。そんなことを思いつつバッグの財布に手を伸ばす私。

1000円札を2枚・・・あ、小銭入れがパンパンだから小銭も出そう・・・5円玉と1円玉・・・。

 

 

 

 

 

 

 

その時です。

小銭入れの中の1円玉に手をかけた瞬間、スゥーッ・・・と寒気がしたんです。

 

 

あれ?

 

 

 

 

 

 

さっき行ったシャトレーゼの会計も1426円じゃなかった?

 

 

 

 

 

「どうかなさいましたか?」

 

「あ、いや、ぼーっとしてました。ハハ」

 

 

レジ店員に声を掛けられ慌てて会計を済ます私。

もしシャトレーゼの会計も1426円だったらちょっと怖い。

こんな一致はそうそう無いだろう。

1426って語呂合わせで不吉な言葉になったりしたら嫌だなぁ。

 

早足で車に戻る。

とにかく早くシャトレーゼのレシートを確認したい。

 

 

 

レシートは車内のゴミ箱に捨てたはず。

あった。レシートにChateraiseのロゴ。

 

やだな~。こわいな~。

恐る恐る目線をレシートの上から下へ移していく。

ついに金額が見えた。金額は、1・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

1571円

 

 

 

 

最初の1しか合ってない

 

 

あの緊張感はなんだったんだという思いでいっぱいになりながら帰路につきました。

ターンエンドです。