ところで読者諸賢はマジックオンラインという高等知的遊戯を知っておりますかな

100,000光年ぶりにマジックオンラインをしたので凄く大げさにトーナメントレポートを書きます。ちなみにPauper Friendly Leagueに1回出ただけです。

 

使ったデッキはこちら。

f:id:yumetorae:20180701193837j:plain

TCGオタクの諸賢は《暴走の先導/Lead the Stampede(CNS)》がアイコニック・マスターズでコモン落ちしたことをきっとご存知であろう。《垣間見る自然/Glimpse of Nature(CHK)》や《集合した中隊/Collected Company(DTK)》に勝るとも劣らない爆裂アドバンテージカードが使用可能となったことで、Pauperの親和エルフはTier2上位くらいの有力デッキとなった。

メインデッキについては、《遠くの旋律/Distant Melody(MOR)》を2枚程度に抑え、《エルフの先兵/Elvish Vanguard(EMA)》や《ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow(MRD)》といったカードを散らし、多角的な攻め方ができるバリエーションがポピュラーだ。一方今回私が使用したメインデッキは、《暴走の先導》と《遠くの旋律》でアホみたいにカードを引けるのが前提となっているような一人回し用のデッキである。この2種が引けなかったり打ち消されたりすればぶっちゃけ終わりだが、よく言えば除去が少ない相手に対して相性差を活かしやすいバリエーションではある。

なお、《幸運を祈る者/Wellwisher(ONS)》ではなく《本質の管理人/Essence Warden(PLC)》を採用しているのは、ライフギリギリで《遠くの旋律》が回りだしても召喚酔いのラグなくライフゲインできる点を評価したため。《遠くの旋律》4枚ゆえの採用といえる。

 

1戦目 青単デルバー ××

GAME1:マリガン。《先導》も《旋律》も通らなくて負け。

GAME2:最速でデルバー変身して《はらわた撃ち/Gut Shot(NPH)》《断絶/Snap(ULG)》《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite(LRW)》でバックアップされて負け。メイン不利、サイド後有利くらいに思っていたが、デルバー登場が早いと結局立ち回る猶予が無い。

 

2戦目 バーン ○○

GAME1: 《管理人》でライフゲインして勝ち。《幸運を祈る者》と違って確実にゲインできるのが偉かった。

GAME2: 相手トリマリして勝ち。

 

3戦目 青白緑トロン ×○○

最近流行り?の白系トロン。

GAME1: 5ターン目から無限フォグモードで負け。

GAME2: 早々に無限フォグモードに入られたけど、デッキ全部引いて《大規模な奇襲》本体30点で勝ち。

GAME3: 相手1マリ。相手無色しか出なくてもたついてる間に《森林守りのエルフ/Timberwatch Elf(LGN)》で殴り勝ち。

 

4戦目 バーン ○○

GAME1: 《先導》で5ドローして《管理人》2枚が大暴れ。

GAME2: 《発光する雨/Luminescent Rain(MOR)》で20ゲインして勝ち。

f:id:yumetorae:20180701204011j:plain

 ギ・・・ギモヂー!!

 

5戦目 青単デルバー ×○○

GAME1: 土地詰まり気味で《目くらまし/Daze(NEM)》とか良いように刺さって負け。

GAME2: デルバーに殴られて死ぬ1ターン前に《遠くの旋律》通って6枚くらい引けて、その中に《管理人》いて延命&逆転。これがしたかったんや・・・!

GAME3: 《蜘蛛糸の鎧/Spidersilk Armor(MMQ)》置いたら相手の攻撃全く通らなくなって時間切れ勝ち。ちょろい。

 

というわけで4-1でした。

1リーグ完走した感想ですが、エルフはサイドが結構強いのでサイド後《遠くの旋律》を減らすことも多く、そうした時に《森のレインジャー/Sylvan Ranger(M11)》や《ティタニアの僧侶/Priest of Titania(USG)》がわりと微妙なカードになるのでなんか矛盾したデッキ構成だったなという感じです。サイド後に相手の除去が増えるマッチでも《旋律》は微妙。ただ《大規模な奇襲》で勝つためにサイド後も《旋律》4枚欲しい相手もいる(トロン全般とか)。もうわかんないぽよハム太郎~。そうなのである!!マジックはむずかしいのである!!