探検と変化 Conley Woods [翻訳・後編]

yumetorae.hatenablog.com

続きです。

ここからはちょっと自己啓発本みたいな内容でした。

 

★★★

 

Change (Just Dance)
変化・・・ただ踊ること

 

人生探検を続けるうちに、レッドロック野外劇場のショーに行く機会があった。そのショーはミュージカルスタイルのショーであり、まさしく私が苦手としていたものだったが、何事も経験だと自分に言い聞かせ、思い切って挑戦したものだ。

 

ショーでは何千という人々が、一つの音楽のもとそれぞれ好き勝手に踊り狂っていた。なんとも異様な光景を前に、私の心は動かされた。――私が抱えてきた劣等感や不安は、今この瞬間必要ないものだ。
そうして私は踊りだした。
まったくもって上手ではなかったが、ショーの中で初めて楽しい気分に浸ることができた。これはとても大きな前進だった。
「周りからどのように見られるだろうか」「失敗するだろうか」といったネガティブな感情から解き放たれ、成功や失敗とは無縁の、純粋に楽しめるものに出会うことができたのだ。

 

マジックで例えて説明しよう。
私たちはマジックのゲームにおいて何度でも負けを味わう。負けは多くの場合失敗を意味し、時につらい体験となる。
もし勝敗とは別の次元で、ゲームに関連する何かを愛することができればどうか。あなたはその何かを(成功・失敗とは無縁に)純粋に楽しめるだろう。
私にとって、マジックにおけるそれは「デッキを組むこと」であった。つまり、私の創造性と私の知識をデッキとして表現することが大好きであった。

 

独創性に富んだデッキでゲームに勝つことは《意外な授かり物/Windfall(USG)》であり、この上ない追加報酬である。
一方で、そのデッキで負けることは必ずしも失敗を意味しない。
トーナメントの後に、時折私は自分のデッキ選択や方針を後悔したが、デッキ構築のために費やした楽しい時間を後悔することは決してなかった。
幸福なデッキ構築時間は私の原動力であった。その時間があったからこそ、私は手痛い敗北を繰り返しつつ何度でも蘇った。

 


音楽とそれに伴うダンスは、私の人生においてありふれたものとなっていった。
月に1~2回はミュージカルショーに顔を出すようになっていた。気が付けばその頻度は週に1回、週に2~3回と増えていった。
次第にインターネットでダンスに関するコンテンツを見るようになり、私は様々なダンススタイルを知った。体が望むままに自由に踊っていた私だが、知識が増えるにつれ、苦手な動きを克服すべく努力するようになった。

 

この一連の流れは、まさしく私がマジックにおいて延々行ってきたものと同じであり、非常に楽しい体験である。
情熱とはなんと予期できぬものか。数か月前であれば、私は自分の「ダンスする能力」を100ドルで喜んで売っただろう。しかし、今の私はそのダンスをするために100ドルを払い続けている。

 

ダンスとの出会いは文字通りの《大変動/Cataclysm(EXO)》であった。ダンスは私がマジックのために放棄した様々な領域に次々良い働きをもたらしてくれた。
第一に、私の体重はみるみる落ち始めた。これまで全く運動をしてこなかったわけであり、当然と言えば当然だ。
第二に、ナイトライフでダンスの夜遊びを繰り返すうちに、コミュニケーション能力が見違えるほどに成長した。
経験が人々に自信をもたらすことは言うまでもない。今の私は、これまでの私と全くもって別人である。

 


Breaking Boundaries
境界突破

 

14か月の間に、私の体重は160ポンド(73キロ)も落ちた。私は今新たな情熱に燃えていて、その情熱は過去意識的に避けて通っていたものに向けられている。
ハワイのプロツアーの後、ずるずるとマジックを続けていたら今の私はどうなっていただろうか。
私には変化が必要であり、それに従い新たな物事に挑戦した。ただそれだけで、かけがえのないものを手にした私がいる。
上述の通り、初めて私がダンスをした時、それをする必然性や必要性は全くもってなかった。
言ってしまえば、その時だってダンスを避けようと思えば簡単に避けられた。しかし、私は自分から心の落ち着く部屋を飛び出し、ついに宝物を手に入れた。

 

あなたは今自分が愛している物事との出会いを覚えているだろうか。
人間はある特定の仕事をすべく運命づけられ、生まれてくるものではない。ある特定の歳になると、「君はこれに夢中になってね」と誰かに情熱を割り当てられることもない。
人間は発見を得意とする生き物で、情熱はその発見によって火がともされる。
もしあなたが何か新しいものを探検しなければ、何がその火をともせるだろうか。いつも同じことをしていて、いつもと違う気分に浸れるだろうか。
もし今あなたが幸せであればそれで良い。もし今あなたが幸せでないならば、「いつもと同じ」はあなたにとって最悪の敵である。

 

マジックは多分に変化するゲームである。その時々で使えるカードは変わり、それらは常に複雑に絡み合う。
流動的なマジックというゲームの中で、変わらない何かを自分で発見できれば、それは非常に有益であろう。
有益なあまり、その変わらない何かから自分を遠ざけることに恐れを抱いてしまうようになる。
そこで自分に問いかけるのだ。――変化しないことを選び続けて、私は何を得られる?
もしあなたが幸せでないことを自覚しているならば、その何かを守り続けることに何の意味がある?

 

人は変化におびえてしまう。「ダンスしなくて良い居心地の良い泡」から飛び出すために、28年間を要した私にはそのことがよくよくわかる。
28年の間に、ダンスがいかに素晴らしいかを読んだことがあった。
ロダンサーの信じられないような動きを見たことがあった。
ダンサーのハチャメチャな恋物語を見たことがあった。
私を「もっと踊ろう」という気にさせるものはそこに存在しなかったが、唯一私をその気にさせたのは、自分で踊ってみるという体験だった。
変化は恐ろしい。しかし、変化の先にかけがえのないものを見つけた今、変化しないことはもっと恐ろしいように感じられる。

 


Magic, Life, Happiness
マジック。人生。そして幸福。

 

あなた方の中には、マジックに行き詰ってこのコラムを読んでいる人もいるだろう。
そういう人は、自分のことを「構築が下手」とか「コンボデッキが下手」と結論付けているに違いない。
「シールドは運ゲー」と結論づけて、シールドフォーマットを避けている人もいるかもしれない。
マジックに対して、もとい人生に対して、あなたはどのように考え、答えを出しただろうか。
私にとってダンスがそうであったように、あなたは既に自問自答し終わった問から、さらに良い結論を導きだせ得る。
その時良い結論が導きだせないとしても、自問自答を再び繰り返す中で、自分という存在はより明確になっていく。
もし自問自答が過去の自分の誤りを証明した時、それはあなたのマジックキャリア、人生において一生ものの変化につながる。

 

画材を買い、あなたが思っていたようにマジックのカードを書きかえてみよう。そのうちマジック・オンラインをダウンロードして、PTQに向けて練習し始めればいい。
マジックをしているから他のことができないなんてことはない。
望めば望むように人生は生きやすく、楽しくなる。

 

これから冒険の旅を始める人生探検家諸君、気を強く持ち、自分に正直であれ。さすれば全てはうまくいく。
読んでくれてありがとう!

 

コンリー・ウッズ / Conley Woods

Conley Woods (@Conley81) | Twitter

 

追伸:
最近自分のダンスの練習セッションを録画してみた。
この動きはこれで良いのか、というような疑問はまだまだ尽きない。そこで、その録画をアップロードしようと思う。
そのためには新しいカメラと編集ソフトが必要で、まだアップロードには時間がかかりそうだ。
もし今すぐ私のダンスを見たいという人がいれば、私のFacebookページを見て頂きたい。

ドルイド、アンダーテイカーハンターの歴史的使用率を超える [Reddit 翻訳]

www.reddit.com

↑原文↑

 

↓以下私訳↓

スレッドタイトル:

[NEW RECORD] Druid surpasses in popularity the historic Undertaker Hunter

[新記録] ドルイド、アンダーテイカーハンターの歴史的使用率を超える。

 

リザード社員によるレスポンス:

ハースストーンゲームデザイナー、 Iksar

 

現在私たちが内部データをもって調査中であることは事実であり、私はそのデータに細心の注意を払って接している。というのも、人々の主張をズバリ示し表す統計を得ることはとても難しいからだ。
実のところ、充分な時間をかけ、充分なデータを用意すれば、メタゲームに関する意見はほぼ全て統計によって支持されうる。
例えば、ウンゴロ環境の終わりに、全プレイヤーが使用したうち最も勝率が高かったヒーローはハンターであった。もっと言えば、ハンターはウンゴロ環境の大部分を通して最も勝率が高いヒーローであり続けていた。
もちろん、この統計によって「ハンターをもっと弱くすべきだった」と言うつもりはない。しかし、統計の見方によってはこのような意見も是とされうるのだ。

(訳注:ウンゴロ期のハンターは途中から実質的に存在してないような使用率だった)

 

この点を考慮に入れたうえで、下記を読んで頂きたい。下記は、本スレッドのいくつかのコメントに対する私の考えである。

 

1.ドルイドがアンダーテイカーハンターの歴史的使用率を超えた
このコメントが根拠としている統計は、ある一つのランクのある一日のデータである。
私達がアンダーテイカーハンターの使用率を計る際に使用した統計は、全てのハースストーンプレイヤーが調査対象とされ、統計期間も1週間から1カ月の間であった。
ドルイドが広く使用されていることに間違いはないが、これらの統計は比較できるものではない。
仮に「ある一つのランクにおける最も使用率が高いヒーロー」を推測すると、それはランク25におけるメイジか、Warsong Commander/ウォーソングの武将時代のレジェンドランクのウォーリアであろう。

 

2.新エキスパンション発売後、ブリザード社員がredditから消えた
過去のアーリーメタゲーム(新セット発売まもなくのメタ)と同様、現在私たちは各デッキの使用率・勝率、そしてプレイヤー感情を1日単位でモニタリングしている。
私たちは定期的にこういったスレッドに顔をだし、私たちが行っていることについて説明しているが、プレイヤーはまさしく「近い将来何か変化があるのか・ないのか」を知りたがる。
今後さらにドルイドの使用率が上昇し続ける場合に備え、私たちは私たちが取り得る対応について検討中だが、過去5日間ほどの使用率では、即座の変更は必要ないと認識している。

 

3.ドルイドの変更方針に関心がある
私たちは数多くのドルイドカードを監視対象としているが、アーリーメタゲームにおいて、ある一つのデッキやアーキタイプが現在のドルイドと同程度の使用率に至ることはおかしなことではない。
誰かが強力なデッキやアーキタイプを発見すると、それらは広く一般に使用されるようになる。すると人々はそれらに対する理解を深め、やがてそれらに対し高い勝率を誇るデッキやアーキタイプがメタゲームに登場する。
新たにメタゲームに登場したデッキやアーキタイプが使用率を伸ばせば、またそれらは対策され、こうしてメタゲームが動いていく。
ドルイドがあまりにも強力で、このようなメタゲーム・サイクルを妨げてしまう可能性は確かにあるが、今はまだそれを判断する時期ではない。

 

下記は現在のドルイドカードに対する私たちの見解である。
これらは現在社内的に行なっている検討の一部に過ぎず、今後の変更リストではないことに注意して頂きたい。

 

Innervate/練気
Wild Growth/野生の繁茂
Swipe/なぎ払い
私たちが過去にKeeper of the Grove/木立の番人とAncient of Lore/知識の古代樹を弱体化したのは、ドルイドデッキを組む際に自動的にデッキに入ってしまうカードを減らし、ドルイドにカード選択の面白さを持たせる目的があった。
これらのカードが弱体化されたにも関わらず、依然としてドルイドには自動的にデッキに入るカードがいくつかある・・・練気、なぎ払い、少し程度は劣るが野生の繁茂がそれだ。
クラスごとの違いを際立たせるために、強力なカードを数種実装しておくことは悪くない。しかし、これらのカードを永遠にドルイドに持たせておくことのメリット・デメリットは何度も何度も社内で議論されている。

 

Ultimate Infestation/究極の浸蝕
究極の浸蝕のようなカードに変更を加えることは、実際のドルイドの勝率の変化とは別の次元で、大きな衝撃をプレイヤー感情に与えるだろう。
究極の浸蝕はデカくハデで目立ちすぎる。しかしながら、究極の浸蝕がドルイドの強さ・使用率の直接的な原因となっていることがわかる統計はない。
パワーレベルはさておき、ドルイドにこれほどのドローカードを持たせることには、私たちは常々慎重である。カードドローは、ドルイドドルイドたる特性ではないからだ。
プレイヤー感情、ドルイドアイデンティティ。この二点において、ドルイドの使用率が上昇し続ける場合に備え、究極の浸蝕への変更を検討中である。

 

Spreading Plague / 拡がりゆく虫害
強力な全体除去が無いために、ドルイドは小型ミニオンの群れに弱い。これはデザイン段階で意図されているドルイドの弱点だ。
拡がりゆく虫害は本来、ドルイドの他のカードとシナジーをもつ全体除去(もどき)としてデザインされたが、このカードは私たちが考えていた以上にドルイドの弱点の穴埋めとして機能している。
拡がりゆく虫害はミニオン過剰のメタゲームにおいて採用されるカードであり、オートマチックにデッキに投入されるものではない。
トークドルイドトークンシャーマン、マーロックパラディンが一定の使用率を誇る現在のメタゲームにおいて、虫害が悪目立ちすることに無理はないとも考えられるが、今後の動向を注視すべきカードだという認識は持っている。

 

★★★★

 

2017年8月21日現在のドルイドの使用率

Data Reaper LIVE (Beta) | Vicious Syndicate

すべてのrankedゲームのうち、ドルイドが占める割合は29.28%

翡翠ドルイド16.39%

アグロドルイド7.43%

なおランク1におけるドルイドの割合は45.25%

レジェンドランクにおけるドルイドの割合は39.13%

 

 

アンダーテイカーハンターの使用率

Undertaker - Hearthstone: Heroes of Warcraft Wiki

Undertaker Hunter Was Once 25% of the Meta & Other Hearthstone Numbers - News - HearthPwn

リザード社員の投稿によれば、アンダーテイカーハンターはすべてのrankedゲームのうち25%を一カ月近く占めていた。

ナーフ日は2015年1月29日。

 

f:id:yumetorae:20170821201613j:plain

アンダーテイカーハンターの一例。

あんまり覚えてないけど、確かミッドレンジタイプとフェイスタイプがいた。

画像は前者。

探検と変化 Conley Woods [翻訳・前編]

英語と日本語の勉強を兼ねて訳しました。 

 

↓原文↓

Exploration and Change by Conley Woods - Magic the Gathering (MTG)

 

探検と変化 / Exploration and Change

Conley Woods

January 12, 2016 

 

来たる「ゲートウォッチの誓い」に収録される珠玉のカード達については、来週コラムを書かせてもらうとしよう。
今週は最新セットの発売日を待ちながら、「カードの強い・弱い」よりも少し深い話がしたい。

 

マジックが紙に印刷された記号のやりとりでしかなかったのはとうの昔である。
いまやマジックはコミュニティであり、安息所であり、大舞台であり、大いなる体験であり・・・。
すべてのプレイヤーがそれぞれ自分の物語でマジックを飾りたて、マジックはより素晴らしいものへと成長した。
今日は少しばかりお時間を頂戴し、私自身の物語について書こうと思う。

 

 

読者の多くは既にお気づきかもしれないが、この2015年シーズンは私にとって複雑な年であった。しかし、色々な意味で、2015年は人生で最もエキサイティングな年でもあった。

 

一昨年の2014年シーズン、マジックについて言えば、私は大した成果を上げることができなかった。グランプリの2日目に残ることすら死闘であった。昔より下手になったわけでは無かったように思う。しかし、その不調をきっかけに、私の心は以前のようにマジックと向き合えなくなっていた。

 

トーナメントに向けた調整をよくサボるようになっていた。私の発想力は私に何も与えてくれなくなった。何年も何年もマジックを続けるなかで、負けはゲームの一部であり認めるべきものだとわかってはいた。しかし、息抜きをする間もなく何度も何度も負けが積み重なると、次第に心の整理ができなくなっていく。

 

マジックで負け続けることは、私の生き方に対する警鐘のようにも感じられた。
マジックは偉大なゲームであり、プレイヤーそれぞれに対して多くの意味合いを持ちうる。しかし私にとって、マジックはあまりにも多くの意味合いを持ち過ぎていた。マジックは私の仕事であり、趣味であり、コミュニケーションツールであり、創造意欲・競争心を満たすものであり、消費するメディアであった。

 

全速力で走り続けていた私に、ひと休みが必要なことは明白だった。マジックは私の人生と複雑に絡み合っていて、もはや辞められはしないが、せめて依存度を軽くする必要があった。

 

このように思い悩んでいたちょうどその頃、私はプロツアー「タルキール覇王譚」の参加権利が与えられた。トーナメントに参加する以上調整はしたが、心は完全に折れていて、参加する前から散々な結果を覚悟していた。負けたくはなかったが、負ける心の準備だけはできていた。なんとも奇妙なことである。

 

プロツアー「タルキール覇王譚」の後に、私はついにひと休みをする(自分自身への)言い訳を思いついた。――人は何かの権利を与えられると、その権利を維持するために尋常ではないストレスと戦わなければならない。
少し考えを巡らせた後、ついに何かを変えるべき時に直面したのだと気が付いた。

 

 

Exploration


マジックを始めたばかりの頃、ガラクタ同然のデッキばかりを組んでいた頃を覚えている。この世で一番酷いデッキをイメージしてほしい。私はまさにそのデッキを組んで、友人相手に試していた。

アグロデッキを組んだ。コンボデッキを組んだ。コントロールデッキを組んだ。文字通り何もしないデッキを組んだ・・・。あらゆる可能性が私の狂気の実験台になった。
思い返してみると、当時はとても良い時間を過ごしていた。マジックプレイヤーとしての自分の限界を試し、マジックプレイヤーとしての自分にとって何が楽しいかを知ることができた。マジックプレイヤーとしての私は、デッキを組むことが大好きであった。

 

問題なのは、"マジックプレイヤーとして"自分を見つめることはしても、人生という視点ではこのような探求を行わなかったことだ。私は17歳の時にマジックを始めた。17歳、そしてその後の5~6年は、恐らく人生が最も冒険で満ち溢れている時期であろう。少なくとも私はそうあるべきだと信じている。その頃私が挑んだ冒険は、全てが全てマジックに関連するものだった。

 

マジックを休止して生まれた時間は、これまで無視し続けてきた何かを発見するために当てることにした。というのも、私はマジックに関しては自信があるが、それ以外の全てについて全く自信を持てていなかったからである。マジックに関していえば、私は私のなすべきことを知っている。ところが他の物事ではどうか。働くこと、人間関係、健康、自分の幸せ・・・。今までこれらの物事全てがマジックに頼り切りだった。マジックを取っ払ったときの私はあまりにも情けない。何かを変えられなければ、一生情けないままである。

 

情けないままでいることは一見簡単な解決策であり、現に私はマジック以外の全てをないがしろにして28年生きてきた。ところが結局、目を覚ますべき時はやってきた。7枚の手札に隠れるのをやめ、私は探検にくり出した。水曜日の夜はウェスタン風のナイトクラブに行き、金曜日の夜は友人とプールに行った。マジックを始めたばかりの頃と同じように、私が何かをしてさえいれば何も問題はなく、その経験を通して自分自身について多くを学ぶことができた。

 


後編に続く

探検と変化 Conley Woods [翻訳・後編] - thoughtlace

 

 

参考

Conley Woods - MTG Wiki

 

在りし日の写真

f:id:yumetorae:20170812191047j:plain

27歳、体重約170キロ

 

 

盛大なネタバレだけど今の写真

f:id:yumetorae:20170812192609j:plain

29歳 体重70~80キロ

向日葵の匂いのする侍

お盆休み1日目

 

世界中のカードヲタクが凍てつく玉座の騎士団でホルホルしているのを横目に、今日は新潟県津南町のひまわり畑に行きました。

 

 

f:id:yumetorae:20170811220113j:plain

 

ワーーーーーーーーーオ

 

 

 

f:id:yumetorae:20170811220016j:plain

 

ぜstrdytcfyヴbうぇぶkgrkmfえfhんじぇ

 

 

 

f:id:yumetorae:20170811214922j:plain

 

ひまわりの蜜を吸うクマバチ。

オーキド博士「お食事中の写真じゃな。スバラシイ!!」

 

 

 

f:id:yumetorae:20170811214901j:plain

 

ひまわりは皆同じ方向を向いていて、後ろから見るとちょっと怖い。

 

 

 

f:id:yumetorae:20170811214912j:plain

元気が無くなったひまわりは打ちひしがれた人間のよう。

ダクソ3の従者に似てる・・・。

 

f:id:yumetorae:20170811222116j:plain < Ahh, Champion of Ash, I am Yoel of Londor.

 

f:id:yumetorae:20170811223811j:plain

(比較用)

 

頭が重くなってもげ落ちてるひまわりとかはなおさら不気味だった。

写真はない。

僕はちょっと不気味なものを見たときにわきおこる複雑な感情が好きなので、綺麗&ちょっと不気味なひまわり畑に大満足でしたとさ。

 

明日は予定ないのでハースストーーンします。

夏バテ

ッッボボボボボボボボwwwwボゥホゥwwwww

ブオオオオバオウッバwwwwww

紙遊びの7月

 

MTG Online

主にパウパーで遊んでた。

 

 久しぶりにラノワールのエルフを使いたくなったのでエルフ!

電謀でこっちのクリーチャー焼かれ散らかして心も折れ散らかした。

でもデッキは綺麗で好き。エルフの基本土地がRAVなのは、昔うまいなぁと思ってた某親和エルフ使いの影響です。わかる人だけわかれ。

 

イラクサ(5チケ)、クウィーリオン(2チケ)を流用すべく作ったストンピィ。流石にストンピィの方が勝率高くてトレジャーチェスト結構もらえた。

トレジャーチェスト実装されてから全く構築やってなくて、どんなもんかなーと思いつつ今月はもらったチェスト端から全部開けてみた。

 

 やだ、トレジャーチェスト開けるの超楽しい・・・(*ノωノ)

今月は普通に2チケでbotに売るよりトータルで儲かった。トレジャーチェスト開けて生計立てよかな。。。

 

 

Hearthstone

エストローグナーフ後にきまぐれで再開。クエストローグが嫌いだったわけでもないけど。

数か月ぶりにランク5で止めずレジェになった。

f:id:yumetorae:20170801205726j:plain f:id:yumetorae:20170801210024j:plain

レジェまで使ったデッキは主にハンター。

レジェ後に使ってたデッキは主にシャーマン。

 

この男ハースストーンを楽しんでいる。

しかし7月は200位すら入れず終わりまんた。トークンシャーマンはレジェ上位のメタにあってなかった気がするな。

 

 マジックやった後にHSやると、HSは相手も自分も一生デッキに入ってないカードで戦っててびびる。デッキに入ってるカードしか使えないMTGは硬派すぎる。

MTGはデッキ構築自由度の高さが良いけど、プレイしてて飽きないのはHSなんだよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもMTGもHSもスチームセールで買ったシュタインズゲートの前ではザコです。

 

f:id:yumetorae:20170801211959j:plain

 

ハァ・・・(恋)

アモみある

アモンケットシールド戦記前回の続き。

Friendly Sealed League 7回

Competitive Sealed League 7回

AKH Limited Championship予選 4回

回数も増えてきた。なかなか飽きない。いや流石に少し飽きてきたかも。

 

総参加費

2420PP 54パック 42チケ 

 

総獲得賞品

2420PP 39パック 113パックぶんのカード

 

戦績

63勝 42敗 60%

 

損はしてないが得もしてないという感じでつまんねェ~(-_-;)

 

f:id:yumetorae:20170617164122j:plain

恒例1チケ以上のレア達。

3BOXちょっと剥いて、引いてないレア&神話レアは

《賞罰の天使/Angel of Sanctions(AKH)》

《信義の神オケチラ/Oketra the True(AKH)》

《周到の神ケフネト/Kefnet the Mindful(AKH)》

《戦闘の祝賀者/Combat Celebrant(AKH)》

《異臭の池/Fetid Pools(AKH)》

の5枚となりました。

 

レーティング1800超えるくらいにはなってきたけどコツみたいなのは掴み切れておらず。勝率もうちょっと上げたいんだがな。

マジックうまいオタクは僕にマジック教えてね(/ω・\)チラッ